いつも訪ねてくれてありがとう。

とても感謝しています。

ミラクル・ハピネスの宗瑞允暉(むなみずみつてる)です。

特に普段何もしていないのに身体に痛みや痺れがある時は、運動不足のサインだと疑うべし。

普段、ほぼ歩かないで、長時間、座っている姿勢の仕事(営業・事務系や運転系等)の方は、要注意です。

私も、営業職で接客中以外は、事務作業や車での移動が多くて、適度の運動をする時間も取れていませんでした!

平日、休日は疲労感でスポーツをする氣力もなく、自宅で動かず休息を取る感じだったので、50歳前後から身体のあちこちに痛みを感じるようになりました。

具体的に挙げると、歩くと左膝からくるぶしに掛けて痛い、痛くて首を左右に大きく回せない、左半身に痺れを感じる、営業から還ると脚が痺れて車から降りられない、等トホホ状態。

そして、ぎっくり腰の頻発(苦笑)…今思えば、これも腹筋の筋力低下が原因でした。

笑えないのは、車の後進で後方確認した瞬間にやっちまった(>_<)時です。

整形外科で診てもらっても原因が分からないと言われ、そのまま放置していたのですが、ますます酷くなるばかり( ゚Д゚)

原因は、かなり後になって、自分なりに調べ、身体のプロにも聴いて解ったのですが、普段の型にはまった姿勢と絶望的な運動不足でした。

つまり、筋肉を全く鍛えていなかったので、筋力低下から身体の歪みやねじれで痛みや痺れが出ていたのです。

身体を鍛え直す過程で痛みが消えて初めて、慢性的な痛みは、運動(筋力)不足のサインだとやっと認識できたのでした!

やり過ぎもいけませんが、自分の体力や筋力に合った運動を毎日少しでもいいのでやり続け習慣化すべきなのです。

習慣化すると、諸事情でやれない日がたまにあると、3~4日の数日でも筋力低下を実感できるようになります。

特にデスクワークや座る時間が長い方は、腕立て、プランク、スクワット、カーフ・レイズ(ふくらはぎ強化)を取り入れてみるのが良いですね!

プランク(腰を痛めない腹筋強化法)

スクワット(腰周り、腹筋、臀部、太腿筋の強化法)

しかし、やってみたが筋肉痛で続けられない、やりたくても意志が弱くて継続できないという方のためにUEがあります。

ほんの1ミリでもやる気がある方なら、今まで全くできなかったとしてもセッションを受ければできるようになります。

しかも、筋肉痛を大幅に軽減してくれるので、誰でも簡単に続けられます。

お問い合せ・申込み